Archive | 2005/11
--/-- スポンサーサイト
11/24 『エレベーターを降りて左』
11/23 チャーリーとチョコレート工場
11/22 ゾロ誕コラボ企画
11/18 総集編 THE 2ND LOG
11/16 WJ389話
11/13 素敵作品満載~
11/12 ゾロ誕!!
11/10 WJ388話
11/07 ゾロサンな夢
11/04 WJ387話
11/03 闘うふたり
01 Categories

--.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit

2005.11.24 Thu

日ごろ利用しているレンタルビデオショップで、
レンタル落ちの中古ビデオを販売してました。
1本レンタルするのと同額で購入できるので、
めぼしいものがあれば買おうかしらと物色してみると、
まーーー、懐かしい!(アイスバーグさん風に)

『エレベーターを降りて左』なんてもんが、あるではありませんか!
エマニュエル・ベアール主演のフランス映画です。

エマニュエル・ベアール、かわいくて大好きですーー。
何ヶ月か前に来日したんですが、
全然変わってなくて、「かわいい女」のまんまで感激でした。

目が透明な青海原みたいに真っ青なんですよ。
あの「青」にはどきりとします。

ところで私、サンジの目は青というのは、
どこにそういう設定があるのか知らないんですけど、
アニメの設定かなにかで、そうなっているんでしょうか?
原作にありましたっけ?
すみません、この、ど素人の管理人に、こっそり教えてくださいませ。
えーっと、絵なんぞでよろしければお礼できますです。。
スポンサーサイト

23:10 | 漫画・アニメ・美術・映画など | edit | trackback(0) | comment(0)

2005.11.23 Wed

ようやく今日「チャーリーとチョコレート工場」を観てきました。

2時間があっという間!
でも、途中で、うっすら怖い感覚もありました。
こういうのって子供は敏感です。

うちのチビっ子を連れていったのですが、
チョコレート工場の最初の部屋…チョコレートの滝がある、あの極彩色の部屋で、
招待された子供達が好き勝手に周りのものを、むしったり壊したりし始めた時に、
チビはこれから起こる不穏な空気を感じ取ったようで
まだ何も直接的な怖い画面になっていないのに「怖い! 帰りたい!」と半泣き。

まあ私も、果物みたいな物が壊れて、
けばけばしい色の液体が流れ出た時は嫌な感じがしましたが、
まだ誰も傷ついてもいないし、変なことも始まっていない。
でもやっぱり子供って、大人より「本能」で生きてるからか、前兆に敏感なんですね。

ONEPIECEの「おまつり男爵」の映画も、制作サイドは
「子供向きのものを」なんて言ってたけど、あの映画見た時、
『あー、なんて男って、子供というものをわかってないのかしらー』
と思いました(笑)

子供って、人が人に斬られたり、人に殴られて血みどろになったり、
撃たれたり、吹っ飛んだりするのは、結構へいき。
子供にとって一番怖いのは
「得体の知れない何か」「姿の見えない何か」です。

「呪われた聖剣」は大丈夫だったチビが、リリーには震えてました。
私がとっても気に入って観ている「蟲師」も、やっぱり怖がって見たがらないし。

--------------
拍手のお返事
--------------
■23日21時/梨●様
拍手&コメントありがとうございました! 「ステキ」「かわいい」のお言葉に感激しております! コックさん激愛なので、これから沢山、ステキでかわいくて男前なコックさんを描き&書きたいです。また遊びにいらしてくださいねvv

23:59 | 漫画・アニメ・美術・映画など | edit | trackback(0) | comment(0)

2005.11.22 Tue

去る19日に「ゾロ誕コラボ企画『凌駕煩悩乱レ咲キ』」への参加作品をUPしました。
こういうイベントって今まで参加したことがなくて、
しかも、こんなに参加サイトの多い盛大な企画自体知らなかったので、
開設まもない、しょぼサイトが参加するには恐れ多いと思っていたのです。

でも、このたび参加させていただいた企画はとても面白そうで興味津々でした。
いただいたお題「俺の一分一秒、奪うんじゃねェ」は、読んだとたんに、
電話を叩き切るゾロが頭に浮かんで、
企画に参加なんて恐れ多いと尻込みしていた私の背を押してくれました。
そんな思い入れたっぷりの作品。

それに・・・。
うわー、やってしまいましたよ、マッパ絵。
ほえーーー。

いや、遅かれ早かれ、いずれはマッパ絵を出してたと思うのですが、
ゾロサン絵、まだ、うちは大して置いてないじゃないですか。
健全サイトか?ってくらい、ろくなゾロサン絵が無かったじゃないですか。
ゾロ誕でようやくキスしたくらいですよ。

それが、途中の「いい雰囲気なゾロサン」をすべてすっとばして、
いきなりマッパなのは、どうなの?
キスしたとたん突っ込んでた、みたいに性急すぎやしませんか、奥さん?

と、0.9%くらいの微妙な躊躇いがありました。

管理人は、絵に関しては、どの程度が18禁か、というボーダーがよくわかってないんです。
これは「UNDER」のコーナーを作るべきなのか、よくわかりません。
マズイよと思ったら、教えてくださいー。

や、でも、ゾロサン絵、描いてて楽しいっ(笑)

--------------
拍手のお返事
--------------
■21日12時/え●様
コメントどうもありがとうございます! いつも励まされていますvv 愛し合ってるふたりを、ついに公開してしまいました! もっと増やしたいなーと思っています。

■21日22時/「取り込み中だとか言うのは見たことありますが、問答無用で斬ってしまったんですね」の方
コメントありがとうございました! 真っ最中に、ゾロがいちいち受話器を取るとは思えなくて、斬らせてしまいました(^^) また是非遊びにきてくださいね。

22:50 | ONEPIECE | edit | trackback(0) | comment(0)

2005.11.18 Fri

『総集編 THE 2ND LOG』を買いましたー、という話題は、
2週間ほど前にした。
でも、実は「ゾロ誕やらなきゃ!」と必死になっていて、
好きなシーンをパラパラ眺めてへらへら満足して、
そんなに隅々まで読んでいなかったの。

スペシャルマンガも気づいていなかった(爆)
ルフィとウソップがサンジの料理を誉めてるのに、ゾロだけちょっと憎まれ口で、
なんだか照れ隠しのようでにんまりしてしまったわ。
だって「取柄」と言うってことは、
なんだー、ゾロ、サンジの料理を認めてるってことじゃないのーー。

でも、それより、目を疑ったのは、そのスペシャルマンガの次のページの
「本紙オススメ! 名場面&珍場面」のところ。
「巻三十三」の紹介文↓
「デービーバックファイトでゾロとコンビに。対抗心&ラブパワーで立ち向かう!」

は?

対抗心&ラブパワー? らぶぱわあ?
らぶぱわあ???

えええええーーーーっっ???
公認なのか、集英社?

23:59 | ONEPIECE | edit | trackback(0) | comment(0)

2005.11.16 Wed

フランキーが男前でした!
ワンピースに出てくるキャラって、みんなどこか男前だと思う。
女性陣もみんな男前。
今はロビンちゃんがちょっと乙女入ってるけど、
自分をめぐって、たくさんの人が殺しあってきたのを見てきてる人だから、
「もう誰も自分のために死なないで」と思ってしまうんだろう。
現実的に考えたら、誰かがこの闘いで命を落としているわけで、
それが自分のせいだとしたら、
しかもその失う命が大切な仲間かもしれないと思ったら、
たまらないと思うなあ。

私はロビンちゃんが大好きなので(ナミさんも好きだけど、ちょっと「好き」の質が違う)、いつかサン+ロビで、優しいお話が書きたいなーと思ってます。

話はワンピから変わるけど、『リボーン』も良かったよーー。
獄くんが、流血してて、へばってて、悔しがってて、
ああー、好きなキャラが苦痛に耐えてるのはいいなーー(^^;

--------------
拍手のお返事
--------------
■16日6時/え●様
いつもコメントありがとうございますvv とっても励まされています。リク、お待ちしておりますね☆

■16日18時/「がんばってください」の方
コメントありがとうございました! 今後、作品を増やしながら精進したいと思っています。これからもよろしくお願い致します。

■ポチっと拍手してくださった方々
ありがとうございます! 拍手を励みにがんばりますvv

23:56 | ONEPIECE | edit | trackback(0) | comment(0)

2005.11.13 Sun

ゾロ誕始まって、各サイト様で、素敵作品がわんさかUPされていて、幸せです!!

自作品のほうは、アタマの中で構想を練っている時が一番楽しいです。
いざ描き始めると己の画力と闘うことになるので、
「うーーー、描けねぇ・・・」と、たいてい泣きが入ります。

--------------
拍手のお返事
--------------
■12日12時/「東海の構図すごいですね!キス。キスキスキス」の方
メッセージ嬉しいですー! ありがとうございます! 東海の構図は以前から描きたいと思っていたのですが、このたび無事イラストにできました。そしてキス。自分としてはゾロがチロっと舌を出しているところがお気に入りです(^^)

■12日20時/え●様
キリリク、是非、してやってください!! ご期待に添えるものができるかわかりませんが、精一杯がんばりますので、ご希望をご連絡くださいませvv

■13日21時/「ゾロサン絵が増えてきましたね!」の方
メッセージありがとうございました! ふたりの人物を描くのは、構図や配置がとても難しいことをいまさら実感しています。でも、楽しさはそれ以上なので、これからたくさんゾロサン絵を描きたいです。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。 

23:55 | ONEPIECE | edit | trackback(0) | comment(0)

2005.11.12 Sat

日付変わっちゃったけど、ゾロ、お誕生日おめでとう~~~vvvvv
ゾロ生誕祭用のページも先ほどようやくUP完了!

ふえぇぇぇ~~。
って、ここで脱力しててはいけません。
一応アタマの中には、合計8枚の構図があります。
今回はそのうち2枚を公開したわけですが、
「時間もない、体力もない、画力もない」のないない尽くしの管理人、
祭り期間中に何枚UPできるんでしょうか?(人に聞くな)

でも、最初は描くのを敬遠してたゾロ(だって、あの髪、難しいんだもん)
最近描いててめっちゃ楽しいです!!
サンちゃんより、描きやすくなってきちゃった気がします。
だって、ひたすらカッコよく、きりりと描けばゾロになるのだよ!

サンジは、カッコいい中に色気を出すのが難しい。
サンジの色気は、「セクシー」というのとは違って
(セクシーに描くなら、まだ簡単なんだけど)
媚びのない色気だから難しい。
しかもそれを、巻き眉でタレ目でひげ面という顔の中に
含みこませるのは、管理人の画力では至難のワザです。

でも、サイトオープンから1ヶ月経ちまして、
これが、半年、1年、3年、5年と続くうちには、
「会心の出来!」なものが少しはできるんじゃないかなー、と
気長に楽しみにしています(^^)

00:55 | ONEPIECE | edit | trackback(0) | comment(0)

2005.11.10 Thu

わー、ルフィィーーーっ!!  素敵~~~! ひゅーーーーっ!!

もっと突然変異かと思ったけど、今回はそうでもなかった。
もちろんまだこの上があるのだということを匂わせているけど、
まだ人間レベルで(まあ、ゴム人間というところがすでに人間じゃないけど)
普通にかっこいいねvv

ほかのメンバーも(ルフィ海賊団もガレーラの面子もフランキー一味も)
それぞれが自分の持ち場でできることを存分にやってるのがいい!

こういう「個々の持ち味が集結した集団」の強さってのが、
私にとって、『ONEPIECE』の一番好きな部分なので、読んでて顔がニマニマ~~としておりますvvv

あ、そだ!
『総集編2nd』を買っちゃったぞー。
だって、表紙のサンジが誘ってるんですもん!!
中を読んでみて、やっぱり大きさ違うと迫力違うものだなーと思う。
にゃーん、コミックスよりちょいと大きめのサンジがいっぱいだ~~☆

23:59 | ONEPIECE | edit | trackback(0) | comment(0)

2005.11.07 Mon

わー、見てしまいました、ゾロサンな夢。
ふつう夢って、ストーリーが破綻していたり、
突然画面が変わったりするもんですが、
私の夢は、結構きちんと展開してくれちゃうことが多いです。

このたびの夢も、終わりは唐突だったものの、展開はなかなかでした。

登場人物はゾロとサンジと名も無いその他大勢(笑)
まず、ふたりがサバイバルゲームに興じてるんですよ。
TVゲームじゃなくて、本人身体ごと参加するタイプのサバイバルゲーム。敵と味方に分かれて、プロテクタつけてビーム銃で撃ち合い、撃たれたらビープ音が鳴ってリタイアというゲーム。

どちらかのチームの人数が一定数減ると、両チームとも次の空間に移って、残った者でバトルを続ける。そこでもどちらかのチームの人数が一定数減ると、また別の空間に移動。

ゾロとサンジは最初は敵同士なんだけど、ジャングルという設定のところをクリアして、次の「迷宮」に移動して闘ううちに、サンジは敵チームにも味方チームにも狙われ始めたことに気づく。
ゾロを見ると、ゾロも同じように何か変だと感じていることがわかって合流。
しかもジャングルで、ただのおもちゃだったビーム銃が、「迷宮」では本物の光線銃で、マジでふたりの命が狙われ始め、ゾロとサンジの「迷宮」からの決死の脱出劇が始まる・・・。

始まりかけたところで目が覚めてしまったけど、夢の中で一番おいしい場面は、ふたりで暗がりに潜んで様子をうかがう場面で、相手の鼓動が聞こえるほど密着してるの。
当然、変な気持ちになって血が騒いでしまうふたりでしたー、な場面まで夢だというのに用意されていて、なんともまあ、闘うふたりとエロっちいふたりという、私の願望そのまんまのような夢でした。
これで小説書こうかしら?

23:57 | ONEPIECE | edit | trackback(0) | comment(0)

2005.11.04 Fri

今週は、稼働日4日で作業してる仕事を2日でこなさなくてはならなくて、
いっぱいいっぱいの1週間でした。

で、いまごろですが、WJ387話の感想~☆

表紙、いつもより彩度控えめ、色数も控えめな印象。
思わず、コピック切らしちゃったのか? とか思ってしまった。
ビンボー学生じゃあるまいし(笑)

だってさー、塀の色がチョッパーの帽子と同じ色って、
今までの彩色の傾向からすると、有りえない気がして。

内容は、おもろかった(^^)
なんちゅーかマジな展開が続いた・・・
あるいは来週から始まる・・・ということの反動がオダッチの中で起こってるみたいな。
「シリアスモードばかり続けて描くの、ちょっと飽きちゃったから」みたいな。
(だって、「エビマヨネーズおにぎり」だよ! 
オダッチの頭のなかに、ドーパミンが噴出してる気がするyo)

いやー、ゾロもサンジもふたりそろってアホモードがMAXです。
やーん、かわいすぎるぞ、ふたりとも!(^^)

うふふ、根がギャグ好きなので、大層ご満悦の387話でした。
(でも自分が作る作品は、いつも薄ら寂しい切ない系ばかりなのが自分で疑問)

ところで船長、能力がセカンドギアに入る模様ですが、
ポケモンみたいに進化型があるとはねー。
正直、こういう展開ちょっと苦手で…。

闘う相手がどんどん強敵になっていくからしかたないし、
少年読者向けには主人公の成長&パワーアップはお約束だとわかってるけど、
なんだかなー。

ドラゴンボールの時も思ったんだけど、悟空の強度ばかりがどんどん増していって、
今までのクリリンとかピッコロとかとは次元が違う強さになってしまって、
独壇場になっていくのに、どうもついてけなかったのよ。

23:59 | ONEPIECE | edit | trackback(0) | comment(0)

2005.11.03 Thu

ゾロサン絵1点UP。
ゾロサンというより、闘うふたり。

今回、闘うふたりやら、チュウするふたりやら、ハグするふたりやらを
ガシガシとラフスケッチしていて気づいたんだけど、
闘うふたりを描くときと、チュウやハグやメイクラブなふたりを描くときと、
明らかに画風が変わってるぞ、私。

尾田さんの硬質だけどしなやかな線にすごく興味があって、
自分の絵と全然違うから、その線を描いてみたかった。
だから戦闘中の絵は、尾田さんの線を思い出しながら、
近づくように描いてるし、「こんな感じだったかな?」と
コミックスで線の走り方を確認したりする。

それがゾロサンのしっぽりした絵となると、
見たことないし、確認する術もない(そりゃそうだ)

だから、どんどん我流で描いてしまって、結局、
「うーん、この線のタッチ、私の線じゃん! オダッチはこんな線描かないyo!」
ということになる。
前TOP絵の「傷痕」や、ゾロ誕絵#1の「器用の理由」の、
背中や腰や腕のラインが完全に自分のタッチ。
これはこれでいいのかなー。
でもオダッチの線を描きたいんだよぉ。

23:50 | ONEPIECE | edit | trackback(0) | comment(0)

01 Categories 04 Archives
2017年03月 (1)
2017年01月 (1)
2016年12月 (2)
2016年11月 (3)
2016年09月 (3)
2016年08月 (1)
2016年06月 (1)
2016年05月 (2)
2016年04月 (3)
2016年03月 (3)
2016年02月 (3)
2016年01月 (1)
2015年11月 (7)
2015年10月 (4)
2015年09月 (4)
2015年04月 (4)
2015年03月 (5)
2015年02月 (2)
2015年01月 (3)
2014年12月 (4)
2014年11月 (4)
2014年10月 (4)
2014年09月 (8)
2014年08月 (3)
2014年07月 (5)
2014年06月 (1)
2014年05月 (4)
2014年04月 (2)
2014年03月 (2)
2014年02月 (3)
2014年01月 (5)
2013年12月 (7)
2013年11月 (4)
2013年10月 (13)
2013年09月 (15)
2013年08月 (7)
2013年07月 (7)
2013年06月 (8)
2013年05月 (7)
2013年04月 (8)
2013年03月 (12)
2013年02月 (11)
2013年01月 (7)
2012年12月 (16)
2012年11月 (13)
2012年10月 (11)
2012年09月 (6)
2012年08月 (9)
2012年07月 (11)
2012年06月 (9)
2012年05月 (10)
2012年04月 (4)
2012年03月 (4)
2012年02月 (2)
2012年01月 (1)
2011年12月 (3)
2011年11月 (6)
2011年10月 (7)
2011年09月 (10)
2011年08月 (10)
2011年07月 (13)
2011年06月 (7)
2011年05月 (8)
2011年04月 (7)
2011年03月 (10)
2011年02月 (8)
2011年01月 (10)
2010年12月 (10)
2010年11月 (14)
2010年10月 (15)
2010年09月 (9)
2010年08月 (12)
2010年07月 (9)
2010年06月 (8)
2010年05月 (9)
2010年04月 (8)
2010年03月 (12)
2010年02月 (10)
2010年01月 (12)
2009年12月 (17)
2009年11月 (9)
2009年10月 (18)
2009年09月 (12)
2009年08月 (14)
2009年07月 (14)
2009年06月 (12)
2009年05月 (12)
2009年04月 (16)
2009年03月 (19)
2009年02月 (14)
2009年01月 (23)
2008年12月 (20)
2008年11月 (20)
2008年10月 (20)
2008年09月 (19)
2008年08月 (20)
2008年07月 (23)
2008年06月 (19)
2008年05月 (21)
2008年04月 (19)
2008年03月 (20)
2008年02月 (20)
2008年01月 (15)
2007年12月 (16)
2007年11月 (20)
2007年10月 (21)
2007年09月 (20)
2007年08月 (17)
2007年07月 (18)
2007年06月 (17)
2007年05月 (13)
2007年04月 (6)
2007年03月 (8)
2007年02月 (8)
2007年01月 (11)
2006年12月 (14)
2006年11月 (10)
2006年10月 (15)
2006年09月 (14)
2006年08月 (9)
2006年07月 (15)
2006年06月 (12)
2006年05月 (11)
2006年04月 (18)
2006年03月 (19)
2006年02月 (11)
2006年01月 (15)
2005年12月 (11)
2005年11月 (11)
2005年10月 (12)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。