00 NewEntry
10/30 #686 考察
01 Categories
02 RecentComments
03 Links
04 Archives

2012.10.30 Tue

昨日は686話のサンジの可愛さにやられっぱなしのひとこと感想を述べましたが、
気になるシーンがあります。それについてちょこっと考察。
ネタバレになりますので、OKな方のみ続きを読むからどうぞ。

あ、その前に拍手のお返事
◆拍手レス◆
30日4時 「ジャンプのサンジかわいかったですね!」のレディ
いらっしゃいませーー。コメントありがとうございます。
サンジ、かわいかったですね~~。「ヴィー」は「ほげー」以来のヒットです!
サンジに即座に反応するゾロも可愛い~~。
お話も読んでくださってありがとうございます。またお越しくださいませ!

以下、686話考察(ネタバレ注意)

686話の気になるシーンとは、多分みなさんも同じだと思うけど、
ゾロが自分に刃を向けようとしないとモネが指摘するシーンです。
なぜゾロはモネを攻撃しないのか。

ゾロもサンジ同様、女性と闘わない信条なのか?
いやそんなはずはない。
ウィスキーピークではミスマンデーを素手でダウンさせてるし、
ローグタウンではたしぎと剣を交えてるし。
今さら女性とは闘わないんです、と言われても説得力無いような気がします。

で、これは私の個人的考察ですが、
ゾロは女剣士を傷つけられない、という展開なのではないかなと感じました。
モネの攻撃を剣で受け止めてはいるけれど、ゾロのほうから攻撃はしてないわけです。
多分、ローグタウンでたしぎと遣り合った時も、たしぎの剣を受け止めはしたけど
傷つけるような攻撃はしてなかったんじゃないかな。

それをたしぎは体験してわかっているから「私が必要だ」と出てきたんじゃなかしらん。
(ロギア系には覇気を使えないと対抗できない。
だが、ゾロは女剣士を傷つけられない、サンジは女全般蹴ることができない。
 →だからモネと闘えるのは私しかいない)

まぁあくまでこれは私の勝手な想像です。
もっと違う、こちらの想像を超えた、あっと驚くような理由を
ヲダ先生は用意しているかもしれない。来週が楽しみです~。

08:46 | ONEPIECE | edit | trackback(0) | comment(0)






Trackback

URL : http://def.blog5.fc2.com/tb.php/1111-c83f65f4

01 Categories 04 Archives
2017年11月 (1)
2017年07月 (1)
2017年03月 (1)
2017年01月 (1)
2016年12月 (2)
2016年11月 (3)
2016年09月 (3)
2016年08月 (1)
2016年06月 (1)
2016年05月 (2)
2016年04月 (3)
2016年03月 (3)
2016年02月 (3)
2016年01月 (1)
2015年11月 (7)
2015年10月 (4)
2015年09月 (4)
2015年04月 (4)
2015年03月 (5)
2015年02月 (2)
2015年01月 (3)
2014年12月 (4)
2014年11月 (4)
2014年10月 (4)
2014年09月 (8)
2014年08月 (3)
2014年07月 (5)
2014年06月 (1)
2014年05月 (4)
2014年04月 (2)
2014年03月 (2)
2014年02月 (3)
2014年01月 (5)
2013年12月 (7)
2013年11月 (4)
2013年10月 (13)
2013年09月 (15)
2013年08月 (7)
2013年07月 (7)
2013年06月 (8)
2013年05月 (7)
2013年04月 (8)
2013年03月 (12)
2013年02月 (11)
2013年01月 (7)
2012年12月 (16)
2012年11月 (13)
2012年10月 (11)
2012年09月 (6)
2012年08月 (9)
2012年07月 (11)
2012年06月 (9)
2012年05月 (10)
2012年04月 (4)
2012年03月 (4)
2012年02月 (2)
2012年01月 (1)
2011年12月 (3)
2011年11月 (6)
2011年10月 (7)
2011年09月 (10)
2011年08月 (10)
2011年07月 (13)
2011年06月 (7)
2011年05月 (8)
2011年04月 (7)
2011年03月 (10)
2011年02月 (8)
2011年01月 (10)
2010年12月 (10)
2010年11月 (14)
2010年10月 (15)
2010年09月 (9)
2010年08月 (12)
2010年07月 (9)
2010年06月 (8)
2010年05月 (9)
2010年04月 (8)
2010年03月 (12)
2010年02月 (10)
2010年01月 (12)
2009年12月 (17)
2009年11月 (9)
2009年10月 (18)
2009年09月 (12)
2009年08月 (14)
2009年07月 (14)
2009年06月 (12)
2009年05月 (12)
2009年04月 (16)
2009年03月 (19)
2009年02月 (14)
2009年01月 (23)
2008年12月 (20)
2008年11月 (20)
2008年10月 (20)
2008年09月 (19)
2008年08月 (20)
2008年07月 (23)
2008年06月 (19)
2008年05月 (21)
2008年04月 (19)
2008年03月 (20)
2008年02月 (20)
2008年01月 (15)
2007年12月 (16)
2007年11月 (20)
2007年10月 (21)
2007年09月 (20)
2007年08月 (17)
2007年07月 (18)
2007年06月 (17)
2007年05月 (13)
2007年04月 (6)
2007年03月 (8)
2007年02月 (8)
2007年01月 (11)
2006年12月 (14)
2006年11月 (10)
2006年10月 (15)
2006年09月 (14)
2006年08月 (9)
2006年07月 (15)
2006年06月 (12)
2006年05月 (11)
2006年04月 (18)
2006年03月 (19)
2006年02月 (11)
2006年01月 (15)
2005年12月 (11)
2005年11月 (11)
2005年10月 (12)