00 NewEntry
05/29 サンジくん語り#1|バラティエ編
01 Categories
02 RecentComments
03 Links
04 Archives

2014.05.29 Thu

日記のお題に「サンジの活躍シーンを語って!」というご提案を頂戴しましたが、活躍シーンというより、
場所ごとに管理人が一番萌えた部分について語ろうと思います。ご感想やご意見などありましたら、ぜひお寄せくださいねー。

第1回はやっぱりバラティエから行きましょう!

バラティエはサンジの登場ストーリーだけあって、魅力的な場面が目白押し!なのですが、一番好きなのは、
「食いてェ奴には食わせてやる!!! コックってのはそれでいいんじゃねェのか!!!」
ですよ!!

もーーこの言葉こそ、サンジの矜持を端的に示しているものは無い!
バラティエの荒くれコックさんたちにぐるりと取り囲まれて銃口を突き付けられて、そんな状態でありながら
両手を広げて『おれを止めたきゃ撃て』なポーズで上述のセリフを言うわけですよ!
くーーー痺れる!!! 漢サンジ!!!

しかもこの子ってピュア! 過去の壮絶な飢餓を経験したからこその境地とはいえ、でもやっぱり、
この子って心が綺麗!!!と思わずにはいられません。
だってうっかりすると「数日何も食わなかったくらいでガタガタ言ってんじゃねーよ。俺は85日も食わなかったんぜ」と
上から目線な人間になる可能性だってあるわけですよ。それなのに「食いてェ奴には食わせてやる」だなんてーー!

で、このめっちゃカッコイイ台詞があるからこそ、
クリークらに食わせてやったあとにギンに言う台詞がまた活きてくるんですよね。
「ギン、お前に言っとくが、腹をすかせた奴にメシをくわせるまではコックとしてのおれの正義。だけどな、こっから先の相手は腹いっぱいの略奪者。これからおれがてめェの仲間をブチ殺そうとも文句は言わせねェ
なにこの、筋の通った男は!
 
海賊王になるとか世界一になるとか、そういう野望や目標が確固たるものである強さというのは素晴らしい。
けれどそれとはまた違って、この子ってば、生き方に確固たる柱がある。
だから、たとえ夢は封印していたとしても、人生の道に迷いはしない。
そういう意味では「簡単だろ!!! 野望を捨てるくらい!!!」と、サンジなら言えると思うのです。
野望が人生の柱になっていたら、それを失ったら生きていく柱を失うだろうけど、サンジにはもう生き方の柱があるのだ。

話がちょっとそれましたが、上述の2つのセリフ、マンガで読むのもいいけど平田ボイスで聞くのもたまらんよー!
「食いてェ奴には食わせてやる!!!」のほうはアニメだと荒くれコックさんが持ってるのが銃じゃなくて巨大なフォーク。
串刺しにせんとばかりにフォークの刃を向けられるのね。
「腹をすかせた奴にメシをくわせるまではコックとしてのおれの正義」のほうは、床に横倒しになったテーブルを
足でくるっと引っ掛けて立て直してから言うのね。足ですよ足! 
東Aさんスタッフに愛されてる感いっぱいの、このアニメオリジナルな演出が素敵。
両セリフ、ぜひアニメでもご堪能くださいませ!

それにしても私のパソコンったら、「正義」を「性戯」と変換してくれましたーーー。台無し!


27日お返事不要のMさん Mさんの嬉しいメッセージに後押しされて僭越ながら萌語りさせていただきます。ありがとう!

13:04 | ONEPIECE | edit | trackback(0) | comment(2)

ううぅどうしても、ひとことだけ。
簡単だろ!!野望捨てるくらい!!
この台詞こそが、私のサンゾロの原点ですーーー!!(悶絶!)
ありがとう!珠珠さん!!!
Kasai URL #KEdE8Ko6 | 2014.06.05 22:41 | edit?
わーい、メッセージありがとう!!
Kasaiさんのサンゾロの原点とな? もっと詳しく聞きたいです!
ゾロを危なっかしいやつだと思って護りたいと思ったのか、それとも畏敬の念を抱いてプラトニックな片想いが始まったのか、そのどちらとも違うのか、教えてー。
管理人 URL #oP54HJu6 | 2014.06.09 19:00 | edit?





Trackback

URL : http://def.blog5.fc2.com/tb.php/1264-de6edcd7

01 Categories 04 Archives
2017年11月 (1)
2017年07月 (1)
2017年03月 (1)
2017年01月 (1)
2016年12月 (2)
2016年11月 (3)
2016年09月 (3)
2016年08月 (1)
2016年06月 (1)
2016年05月 (2)
2016年04月 (3)
2016年03月 (3)
2016年02月 (3)
2016年01月 (1)
2015年11月 (7)
2015年10月 (4)
2015年09月 (4)
2015年04月 (4)
2015年03月 (5)
2015年02月 (2)
2015年01月 (3)
2014年12月 (4)
2014年11月 (4)
2014年10月 (4)
2014年09月 (8)
2014年08月 (3)
2014年07月 (5)
2014年06月 (1)
2014年05月 (4)
2014年04月 (2)
2014年03月 (2)
2014年02月 (3)
2014年01月 (5)
2013年12月 (7)
2013年11月 (4)
2013年10月 (13)
2013年09月 (15)
2013年08月 (7)
2013年07月 (7)
2013年06月 (8)
2013年05月 (7)
2013年04月 (8)
2013年03月 (12)
2013年02月 (11)
2013年01月 (7)
2012年12月 (16)
2012年11月 (13)
2012年10月 (11)
2012年09月 (6)
2012年08月 (9)
2012年07月 (11)
2012年06月 (9)
2012年05月 (10)
2012年04月 (4)
2012年03月 (4)
2012年02月 (2)
2012年01月 (1)
2011年12月 (3)
2011年11月 (6)
2011年10月 (7)
2011年09月 (10)
2011年08月 (10)
2011年07月 (13)
2011年06月 (7)
2011年05月 (8)
2011年04月 (7)
2011年03月 (10)
2011年02月 (8)
2011年01月 (10)
2010年12月 (10)
2010年11月 (14)
2010年10月 (15)
2010年09月 (9)
2010年08月 (12)
2010年07月 (9)
2010年06月 (8)
2010年05月 (9)
2010年04月 (8)
2010年03月 (12)
2010年02月 (10)
2010年01月 (12)
2009年12月 (17)
2009年11月 (9)
2009年10月 (18)
2009年09月 (12)
2009年08月 (14)
2009年07月 (14)
2009年06月 (12)
2009年05月 (12)
2009年04月 (16)
2009年03月 (19)
2009年02月 (14)
2009年01月 (23)
2008年12月 (20)
2008年11月 (20)
2008年10月 (20)
2008年09月 (19)
2008年08月 (20)
2008年07月 (23)
2008年06月 (19)
2008年05月 (21)
2008年04月 (19)
2008年03月 (20)
2008年02月 (20)
2008年01月 (15)
2007年12月 (16)
2007年11月 (20)
2007年10月 (21)
2007年09月 (20)
2007年08月 (17)
2007年07月 (18)
2007年06月 (17)
2007年05月 (13)
2007年04月 (6)
2007年03月 (8)
2007年02月 (8)
2007年01月 (11)
2006年12月 (14)
2006年11月 (10)
2006年10月 (15)
2006年09月 (14)
2006年08月 (9)
2006年07月 (15)
2006年06月 (12)
2006年05月 (11)
2006年04月 (18)
2006年03月 (19)
2006年02月 (11)
2006年01月 (15)
2005年12月 (11)
2005年11月 (11)
2005年10月 (12)