00 NewEntry
02/04 ご亭主殿と嫁
01 Categories
02 RecentComments
03 Links
04 Archives

2016.02.04 Thu

いまごろご亭主殿の誕生日SSをUPなんぞしております。遅いにもほどがある。
素敵誕生日企画の「4month difference」様に提出したパラレルと、
サニー号でのアホアホなひとこま小話の2点です。
そうそう「4month difference」様、第2弾のサン誕にも一応エントリーしました。
まだ全然展望が見えてませんけどね、あはは。

ザンプのネタばれは最後にたたみますので、先に拍手のお返事です。

◆拍手のお返事
3日 あ☆さん
わーーーい、新年話にコメントありがとうございます!!! 
学生の話って、読むのは大好きなんですが、書くのはすごくニガテ意識があったんです。
背負っているものが少なすぎるから、ありきたりの話しか書けない気がしてたんです。
実際のこの話もまったく普通の話にしかならなかったけど、男の子っぽいと言っていただけたのは、
むしろ、その、背負っているものの少ない学生ならでは無邪気さ、みたいなものが伝わったのかなと、嬉しく思っています。
思った以上に仲良しさんのなってしまって、ちょっと赤面してますが、喜んでいただけたのなら光栄です!!
こちらこそ、よろしくお願い致します!!! マイペースの拙宅にいつも温かいお言葉をありがとうございます。

以下、今週号の感想です。ネタバレ含みますので、ご注意ください。PCの方は「続きを読む」からどうぞ。



そうだよね、そういうことだよね。
先週浮かれていて失念していましたが、はっと気づけば、またもやコックさんは単独行動じゃないですか!
単独行動ってことは、誌面に登場する機会が少ないってことじゃないですか!
あーーーー、サンジイヤーとか言って浮かれてたけど、そりゃ話の中心はサンジさんかもしれないけど、
船長と離れていては、必然的に登場回数が減りますよね、うぉぉぉん。

で、残されたご亭主殿がご立腹です。俺にひとことも言い置いていかなかったとご立腹です。
「結婚だとぉーーー!!! 勝手にしやがれ! 俺に何も告げずに行きやがって! 
せめて ”お世話になりました” くらいて言えってんだ、この!」的な。
あまり感情的なところを見せないゾロが、今回はしゃべることしゃべること。

あと、アレ?と思ったのは、今回はゾロがいつもほど自信満々じゃないこと。
私、ゾロは「四皇だろうが、かまうもんか、いつでも来やがれ」と思ってるのかと思ってました。
ところが違った。カイドウとやりあわなくちゃならないもしれない今、ビッグマムに関わる余裕はないって思ってるのよね。

うん、ゾロが言うとおり、サンジは放っておけばいいと思うよ。
というか放っておいてほしい! 『必ず戻る』と言うサンジの言葉にウソは無いと思う。戻ろうとすると思う。
ルフィの助け無しで、独りでカタをつけて帰ってくるサンジの姿こそ、私は見たい!!!
ウチの嫁は独りで出来る子だから! きっとご亭主殿もそう思ってるから!
だって、エニエスロビーでは「俺たちが行くまで待ってろ」って言ったのに、今回は「ほっとけ」って言ってるのよ。

23:24 | ONEPIECE | edit | trackback(0) | comment(0)






Trackback

URL : http://def.blog5.fc2.com/tb.php/1326-d23d37cd

01 Categories 04 Archives
2017年11月 (1)
2017年07月 (1)
2017年03月 (1)
2017年01月 (1)
2016年12月 (2)
2016年11月 (3)
2016年09月 (3)
2016年08月 (1)
2016年06月 (1)
2016年05月 (2)
2016年04月 (3)
2016年03月 (3)
2016年02月 (3)
2016年01月 (1)
2015年11月 (7)
2015年10月 (4)
2015年09月 (4)
2015年04月 (4)
2015年03月 (5)
2015年02月 (2)
2015年01月 (3)
2014年12月 (4)
2014年11月 (4)
2014年10月 (4)
2014年09月 (8)
2014年08月 (3)
2014年07月 (5)
2014年06月 (1)
2014年05月 (4)
2014年04月 (2)
2014年03月 (2)
2014年02月 (3)
2014年01月 (5)
2013年12月 (7)
2013年11月 (4)
2013年10月 (13)
2013年09月 (15)
2013年08月 (7)
2013年07月 (7)
2013年06月 (8)
2013年05月 (7)
2013年04月 (8)
2013年03月 (12)
2013年02月 (11)
2013年01月 (7)
2012年12月 (16)
2012年11月 (13)
2012年10月 (11)
2012年09月 (6)
2012年08月 (9)
2012年07月 (11)
2012年06月 (9)
2012年05月 (10)
2012年04月 (4)
2012年03月 (4)
2012年02月 (2)
2012年01月 (1)
2011年12月 (3)
2011年11月 (6)
2011年10月 (7)
2011年09月 (10)
2011年08月 (10)
2011年07月 (13)
2011年06月 (7)
2011年05月 (8)
2011年04月 (7)
2011年03月 (10)
2011年02月 (8)
2011年01月 (10)
2010年12月 (10)
2010年11月 (14)
2010年10月 (15)
2010年09月 (9)
2010年08月 (12)
2010年07月 (9)
2010年06月 (8)
2010年05月 (9)
2010年04月 (8)
2010年03月 (12)
2010年02月 (10)
2010年01月 (12)
2009年12月 (17)
2009年11月 (9)
2009年10月 (18)
2009年09月 (12)
2009年08月 (14)
2009年07月 (14)
2009年06月 (12)
2009年05月 (12)
2009年04月 (16)
2009年03月 (19)
2009年02月 (14)
2009年01月 (23)
2008年12月 (20)
2008年11月 (20)
2008年10月 (20)
2008年09月 (19)
2008年08月 (20)
2008年07月 (23)
2008年06月 (19)
2008年05月 (21)
2008年04月 (19)
2008年03月 (20)
2008年02月 (20)
2008年01月 (15)
2007年12月 (16)
2007年11月 (20)
2007年10月 (21)
2007年09月 (20)
2007年08月 (17)
2007年07月 (18)
2007年06月 (17)
2007年05月 (13)
2007年04月 (6)
2007年03月 (8)
2007年02月 (8)
2007年01月 (11)
2006年12月 (14)
2006年11月 (10)
2006年10月 (15)
2006年09月 (14)
2006年08月 (9)
2006年07月 (15)
2006年06月 (12)
2006年05月 (11)
2006年04月 (18)
2006年03月 (19)
2006年02月 (11)
2006年01月 (15)
2005年12月 (11)
2005年11月 (11)
2005年10月 (12)